読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士試験合格 紫苑ゼミ

弁理士試験合格を目指す有志メンバーにより運営される私ゼミです。毎週土曜日、都内(東京都中央区)の区民館で勉強しています。ご興味ある方はshion.zemi@gmail.comまでお気軽にお問い合わせ下さい。

H29弁理士試験向け論文書き込みゼミ第10回(特許・実用新案第4回)2017年3月11日(土)

参加者:TAZゼミ長、OOBさん、KITさん、MORさん(体験参加)

講師:HUJ、KIT(A)

学習内容:

・論文書き込み(H26本試) ・各自の答案を全員で検討・討論

 講師コメント:

・今週も、午前中の書き込み問題を設問毎に検討し、何をどう書くべきか討論しました。

・論文試験は、「論文」の試験ですので、結論とその理由を、論理的に、かつ、根拠を示して書く必要があります。結論への理由づけは正しいかどうか、キーワードや、根拠条文や、あてはめが記載できているかどうか、しっかり意識しましょう。結論と理由づけの説得力がかなり違ってきます。結論について間違っていた方は、インプットが不足している(あるいは問題文の読み落としなどの題意把握ミスをしている)可能性が高いのでよく復習してください。

・一言で「あてはめ不足」といってもその原因はいろいろありそうです。条文の要件を欠き損ねたのか、論理構成上書かなくてよいと考えたのか、不要だと思ったから書かなかったのか等々。問題によって何を書くべきかは悩ましいところでもありますが、答案には何を書くべきか一度検討してみる価値はあるように思います。

・年度末で日々忙しいと思いますが、少しずつでも毎日やっていくことが大事です。継続は力なり、です。

講師HUJ